« 記事にてお礼の気持ちを・・・。 | トップページ | あら大変! »

2006年2月21日 (火)

手放すということ

>捨てるのと、手放すのは異なります。
>捨てるのは、二度と手にしないものに別れを告げないことです。
>手放すのは、二度と手にしないものだけど、別れを告げることです。
>補助輪のように今までまさみさんをきっと守ってくれたものだから。

IKEさま、コメントをありがとう。
私もsmoothさん同様、あなたのブログがレベルが高くて、コメントが書けません。

腕ならぬ筆を鍛えて、書きに参ります。

「手放す」のは、二度と手にしないものだけど、別れを告げること。

この言葉には唸りました。
なるほどなあって。

今までの自分の転機を振り返ると、必ずそこでは大きなものを手放しています。

「捨てる」のは、二度と手にしないものに別れを告げないこと???
別れを告げないなら、捨てたことにならないのでは?

それは自分を支えてくれたもの、自分を形成してくれたものに関して
感謝しないで手放すことを「捨てる」というのかな。

なんか、本当に何十年も生きてやっと悟った人が言うようなセリフを
あの長身の甘いマスクから出てくる、そのアンバランスさがまたいい魅力な
IKEさんですね。

「捨てる」と「手放す」、しばらく考えてみよう☆

「手放す」といえば、隣家からのもらい火による火事で
、賃貸だったから良かったものの、自宅が全焼するという
経験をさせてもらった時に、色々と考えました。

物質的には失ったものはあまりにも大きかったですが、
幸いにも今こうして生きてブログを書くことが出来るし、

有無を言わさず、多くのものを手放さざるを得なかった経験を
させていただき、いっぱいいろんな事に気づく事が出来たものです。

自分が、何より大事だと思っていたものも、今はそれが何だったのかも思い出せない
くらいで、「どうしてあの時は、アレをあんなに大事に思っていたんだろう」って
思ったりもします。

あの時、火に包まれることなく生かされてる自分を、
日々進化向上させて、縁ある人が、不必要なものを手放し、
必要なものを得る力になれたら、こんな嬉しいことはないです。

|

« 記事にてお礼の気持ちを・・・。 | トップページ | あら大変! »

コメント

>別れを告げないこと

私はてっきり、

「"さようなら"って言わないこと」

みたいに思ってましたが(ニュアンス的に)・・・。

投稿: smooth@マインドマップでビジネス書評 | 2006年2月23日 (木) 02時08分

その解釈もありますよね。
smoothさん、ついにIKEさんのブログにコメント書いて
ましたね!

確定申告で死ぬほど忙しいでしょうに、コメントありがとうございます!

投稿: まさみ | 2006年2月23日 (木) 23時46分

やっぱりない!どこにもない!
なんでログインのロゴが消えたんだろう・・・?

記事、更新出来ないじゃん。

投稿: まさみ | 2006年2月23日 (木) 23時56分

まさみさん、コメントありがとうございました(^-^)
私は日記がとても苦手なんですが、嬉しいコメントを
いただけるので、ブログは楽しく書けます。

さてさて、<捨てる>と<手放す>のお話ですが、
・・・たぶん私の解釈を言わない方がまさみさんにとって
大切な答えを手に入れることができる(あるいはすでに
できている)気がします。というわけで逃げます(笑)

まさみさんが直感で感じられたことがおそらくは
正解です。

IKE■

投稿: IKE | 2006年2月27日 (月) 02時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38508/791194

この記事へのトラックバック一覧です: 手放すということ:

« 記事にてお礼の気持ちを・・・。 | トップページ | あら大変! »