« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月30日 (日)

ゴールデン・ルール

自分がされていやなことをしない。
自分がされて嬉しいことをする。

そんな基本的なことをいつもすっかり忘れてしまう。
家庭訪問で、「お子さんの長所は?」と先生に聞かれて
即答できなかった。

自分は自分の両親が自分自身の悪い面しか見ないことが
イヤでイヤでしかたなかった。

にもかかわらず、先生のこの質問により自分が息子に同じ
ことをしていることに気づいて愕然とした。

これは何も息子に対してだけのことに限ったことは
ないと感じました。

自分がイヤだなと感じる人の、イヤな面しか見ていない
自分はいないか?

つい最近まで籍をおいていた会社で私のことを毛嫌いされていた
方は、きっと私のイヤな面しか見えておられなかったのだと思う。

それがすごく辛いなって思ったこともあったけど、私は逆に
なんとかその方の違う面を探そうとした。

仕事は正確で、私以外の方にはにこやかに接しておられた。
その人の良い面を探すのはかなり難しかった。

結局、最後まで良い面は見つけることは出来なかったように思う。

しかし!
我が息子となると話は変わる。

私がされてイヤだったことを息子には繰り返すまい。
レッテルは貼らない。
良い面を尊重してあげよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月29日 (土)

男友達の存在

親友が映画のチケットを3枚プレゼントしてくれた

ので、息子と行っても1枚余ってしまうので、男友達を
誘ったら一緒に行くとの快諾で一緒に行くことになりました。

なのに、ああそれなのに!

あろうことか乗り換えの駅で親子ゲンカしてしまい、
「もう行かない」とその場で座り込みをされてしまいました。

正直に事情を携帯で伝えると、全然通り道でもなんでもない
駅に来てくれて、上手に息子の気持ちを切り替えるのを
リードしてくれました。

スクラッチの宝くじを息子に初体験させてくれました。

本当は、こういう体験って父親とかがさせてくれたり
するものなのかもしれません。

私ではとうてい思いつかない発想です。

彼は、「おい○○(息子の名前)
お金を増やしたいならオレと一緒に資産
運用を勉強しようぜ」みたいな事を息子に言ってました。

それも私には全くない発想でした。

アメリカでは小学生がふつうに自分のお小遣いの範囲で株の
運用をしたりしてると聞いたことがあります。

彼は、子供を育てるのは親だけど、社会全体にもその
役割はあるという考えを示してくれたことがありますが

そんな彼の姿を見て、「有言実行な人だ~」とプチ
感動しました。

彼が来てくれなかったら私の怒りはもっとエスカレート
していたかもしれません。

男友達の存在って、なんてありがたいんだろうって
かみしめた一日でした。

今まではそんなこと絶対に頼ったらいけない、
自分で何とかしないといけない。

って思いこんで自分で自分を追い込んでいたように
思います。

だけど、よくよく考えたら私にはかけがえのない
男友達がいっぱいいます。

息子と同じように父親はいなかったけど、心優しい
思いやりあふれる男友達もいます。

ちょっと勇気を出して、そんな友達に息子と一緒に
過ごす時間を少しお願いしてみるのもアリかな、

なんて思った一日でした。

もしも私のまわりに父子家庭で母親不在の子供さんがいて
、同じお願いをされたら快くYESと言うと思います。

「お母さんはがんばってるんだ!」
全く同じセリフを、私から聞くのと
第三者から聞くのでは、息子の心に届く深さに違いが
あるんじゃないかな~なんて思いました♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月28日 (金)

13年ぶりの就業を終えて・・・

11月から行っていた派遣先の仕事が今日で終わりました。

よくよく振り返ると毎日勤務する生活は13年ぶりの事でした。
次のお仕事は決まってないので、明日からしばし自由の身!

ヤッタ~♪
あ、でも、連休明けにはすぐ就職活動します☆

派遣会社から営業職の案件をいただいてるので、そこに
行けたらいいなと思ってます。

仕事先では最後の最後に、私を毛嫌いされていたお局様から
敵意むき出しで、怖い顔で攻(口)撃をしかけてこられましたが、
全くおどおどすることなく返答することが出来ました。

これは、継続してる阪本さんの個人トレーニングの成果かなと思います。

最初はあまりの怖さにビビッておどおどしてたし
トイレにこもって悔しくてトイレの壁たたいて泣いてました。

阪本さんとのトレーニングの中で発見したこと。

自分は犠牲者や被害者であるパラダイムをやめ、
仕事でおこったことにいちいち落ち込まない。

自分から主体的に自分の受け取り方を変え、
選択肢を増やすことでどんっなにイヤ~な人も
自分の成長の糧に出来るということ。

あのお局様のおかげで私は自分の課題を知り、課題に取り組む
ことが出来たなのかなと。

ま、なあんて偉そうに書いてますが毎度感情に支配され、
派遣会社の担当営業さんや阪本さんに泣きついたものでした。

「もうやめたいです~~~」って。

今日は、最後にお局様はテストしてくれたのかもしれません。
自己採点は、まあ今日のところは合格をあげたいです。

昔逃げた課題を克服することが出来たように思います。

この仕事を通じて一番嬉しかったことは、
お得意先様の担当者様からのお言葉です。

後任者の人もあなたのように仕事してくれたら僕は文句ないと。
今まで色々なプロセスがあったので社交辞令でないと思います。

最後のプレゼントをいただいたような気持ちです。

お仕事って、色々あるけど、面白いですね☆

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年4月27日 (木)

寝坊した!そのとき私は???

別に今朝寝坊したわけではありません。

ふと、去年の手帳の4月のページを開いてみました。
「去年の今頃は何をやっていたっけな?」と思いまして・・・。

見るまでは全く忘れてて、「あ~~~~~、そういえば、
この頃はこんなことやってたんだ~~!」と、

懐かしい気持ちになりましたが、と同時に様々なことが
大きく変わったんだなあと実感しました。

心理学研究所の研究員(って聞こえはいいけど中身はまあ・・
どうなんでしょうかね)だけでは食べていけないので、
夜はアルバイトをしていました。

その研究員の活動のために平日、土日を問わず頻繁に家を
空けてばかりで息子のことは本当にほったらかしでした。

そんな生活に、私の人生の高性能な目覚まし時計は
鳴りまくってくださったおかげで、色々と自分から
変化を起こすきっかけに出来たと思います。

一大決心をして4年間尽力してきた研究所を去り、
派遣というかたちで10年ぶりくらいに定職につき、
息子との関わり方を見直し、もがきながらも問題に
取り組んでいるのかなと思います。

4年間も心理学の何をいったい勉強してきたんだろう?
って、後悔めいた気持ちが出てきてしまう時もあります。

でも、目覚まし時計を消してしまい寝坊してしまい、
「あ~、私はどうして寝坊してしまったんだろう!」と
自分を責め、

「どうしてもっと早く起こしてくれなかったの?!」と、
家族を責め、さらにもっと遅刻してしまうぐらい
愚かなことかなと思うのです。

私は、ちょっと今まで人生に対してお寝坊さんだったかな
って思います。

だけど、人生のお寝坊も、朝のお寝坊も、寝坊してしまった
時に、するべきことは明確で、寝坊したことを後悔するより
1分1秒でも早く気持ちを切り替えて準備し行動に移すこと
ではないかなって、思うのです。

寝坊したら、あわてず、すぐ行動!します(^^)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月26日 (水)

人生のスヌーズ機能 その2

IKEさん、コメントありがとうございます!

コメント欄に返信書いてたら、長くなってきそうだから
記事にしちゃいます☆

人生のスヌーズ機能って、言い方を変えれば、たとえば、
よく目の前に立ちはだかった壁(自分の課題)から逃げると

その場はなんとか逃げることが出来たとしても、その後で
もっと大きな壁(大きな問題)が来るってあるでしょ。

これって、スヌーズ機能だなって思ったんです。

音が鳴ってても目を覚まさないと、もっと大音量で
鳴ってくれるのと通じるものがあるなって。

ベルが鳴る
(問題が起きる)
    ↓
止めるけどまだ起きない
(問題から逃げる)
    ↓
もっと大きな音でまた鳴る
(もっと困難な問題が起きる)
    ↓
完全にスイッチを切って目を覚ます
(問題解決に取り組む)

そんなイメージです。

私の場合、むか~しむかしに、会社の人間関係で悩んでたり
家族間との人間関係に悩んでた時に結婚話が出てきて、

当時は結婚願望も全くなく、相手の人を本当に愛してるかとか
ともに一生を過ごすとかそういう後先のこと何にも考えずに

目の前にある問題からてっとり早く逃げることが出来るという
浅はかな考えから結婚という手段に走った経験があります。

結婚を機に退職し、家を出ることも出来たわけです。

いったんは人生の目覚まし時計のベルは鳴りやみました。

その後ですよね、問題は。

いやもうそりゃ見事な大音量で鳴ってくれまして。
おかげで今は花の(古いですねこの表現)独身子持ちです☆

人生にも目覚まし時計があることを知らなかった時は、
何か課題が生じると、あわてふためき苦しむしか選択肢が
ありませんでしたが、今は選択肢も増えてとても気持ちが
楽になってきたように思います。

IKEさんのように若いうちから、目的意識持って色々学習して
たら、手痛いい経験もしないですんだかもしれませんが、
今となってはその経験も私の貴重な財産です。

人生のスヌーズ機能、万歳です。
人生のスヌーズ機能よ、ありがとう~~~~。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年4月25日 (火)

人生のスヌーズ機能

私が持ってる目覚まし時計は、全部スヌーズ機能がついてます。
止めても止めても何度でも鳴ってくれるありがたい機能です。

ふと、

一番高性能なスヌーズ機能がついてる目覚まし時計は、
人生の目覚まし時計ではないだろうかと思いました。

人生の目覚まし時計とは何かの本にのってる言葉なのでしょうが
マイコーチ阪本さんから教えてもらった言葉で、

私に何かアクシデントがあるごとにそのメッセージを

“繰り返して”くれます。

なぜ“繰り返す”か?

私が、“忘れる”からです。

それは何も私がアホだからというわけでなく、
、もともと人間が“忘れる”ように出来ているからで。

逆にこの“忘れる”という機能が脳になかったら、人間は
生きていけないそうですね。

人生の目覚まし時計が鳴るとき、それは自分が原理原則から
はずれた行為や思考のとき。

色々なバリエーションで音を鳴らしてくれます。

この目覚まし時計は、「変わりたい」という願望のより強い
人には、かなりの大音量で鳴ってくれるようでして、

火事を起こしたり、ひったくりにあわせてくれたり、
両親が自分を罵倒してくれたりとかします、私の場合は。

JRさんの場合は、

「今のJRはこれでいいのか?」

という目覚まし時計が、警告音が小さい音で鳴っている時に
JRは耳栓をしていたようで気づかなかったようで、
大きな悲劇を招いてしまいましたね。

今回の息子の件に関しても、以前に小さな音が鳴っていた
のに、私がすっかり忘れてしまっていたものだから、
さらに大音量で鳴ってくれたように思います。

この目覚まし時計が鳴らないようにするには、スイッチを
切るしかありません。

スイッチを切るとは、自分自身を振りかえり自分自身を
変えると言うことです。

この人生のスヌーズ機能の高性能な面は、機械の目覚まし時計
なら、いったんスイッチを切ったらもう一度スイッチを入れない
限りベルが鳴ることはありませんが、

人生の目覚まし時計のスヌーズ機能は、また自分が周りのせいに
したり、自分の行きたい方向と違った方向に進みそうになったりし
ていたら、“自動的に”スイッチがオンになって、

また大きな音を鳴らしてくれるんですよね~。

すごいな~。

目覚まし時計なし(アクシデント)で目が覚めること
(自分で軌道修すること)を「自覚」っていうんだ~。

よし!

「自覚」能力を高めるぞ!

日々、学習です。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年4月24日 (月)

NOではなくYESを

昨日、12歳の男の子が右手に包丁、左手に果物ナイフで両方同時に母親の首を両側から刺したという事件が報道されてました。

とっさにてんつくマンのトークライブでの話を思い出しました。

大人はNOばかり子供に言う。

YESを教えてあげようって。

その男の子が母親に殺意を抱いたのは昨年のこと。
まだ小学生の時ですね。

原因は「学校へ行け、部屋を片付けなさい」と言われ「家族はいらない」
と思い殺意を抱いたと報道されてました。

報道がどこまで真実かを見極めるのは個人の判断になると思いますが、
まだ中学生の男の子が実の母親を刺した(母親の命は無事)という
のは真実。

てんつくマンはこう言ってました。

ナイフで人を刺すことも出来れば、手が不自由な人の手助けをして
りんごの皮をむいて喜んでもらうことも出来る。

テレビゲームをNOと言うんじゃなくて、テレビゲームよりも
面白いことがあることを大人が示してあげようよ。

(てんつくマントークライブより)

きっとこの男の子のまわりには、そんなことを教えてくれる人は誰も
いなかったのかもしれません。

あれもダメ、これもダメの大人ばかりだったのかもしれません。

夢に向かってワクワク生きる大人が、
一人でもまわりにいれば子供たちは
希望を持つことが出来ると思います。

今日は折しも、JRの脱線事故から一年です。

私は関西在住なので、一度手を合わせに行こう行こうと思いながら
一年がたってしまいました。

今年こそは、愛する息子と足を運び、亡くなられた方々の

冥福を祈るとともに息子とともにいのちについて語りたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月23日 (日)

誠意あるトイザらスの店員

今回の記事はあまり大きな声で言えることではないので小さい文字です。

我が息子が、代金を支払わないでおもちゃを持ち帰ったことが発覚
したため、日曜日の忙しいなか相手には申し訳なかったけど
謝罪と代金を支払いに行って来た。

店員さんの誠意ある対応に感銘を受けました。

息子の目をジッと見据えて「あのね、君がやったことはね
大人になってからやったら逮捕されるんだよ。わかる?」

おじさんたちはね、おもちゃとる人をつかまえるのがお仕事
じゃないんだよ。おもちゃを売るのがお仕事なの。それでご飯を
食べてるんだよ。

だからお金を払わないでおもちゃを持って帰る人ばかりになったら
おじさんたちはどうなってしまうかわかるかな?」

「ご飯食べられなくなる・・・・・。」

「そう、そうだよ。
もしも、もしもだよ。
君がおもちゃ屋さんを開いたとして、お金を払わないでおもちゃを
持って帰る人がいたらどうする?」

「嫌だ・・・。」

「そうだよね、おじさんたちも嫌なんだよ。
これからは、絶対にこんなことをしないって約束出来る?」

「出来る・・・。」

「よしわかった。
もしももう一度同じことをしたら、そのときはおじさんは
ものすごく怒るからね、警察にも言うよ、わかったね。」

母親の私が言うよりも、はるかに息子の心に届いてくれたかも
しれない。だからこそこの男性店員さんのこの言葉は本当に
ありがたかった。

「今回のことがあったからといって当店に来てただいてはいけないと
いうこともございませんし、これからも変わらずご来店していただいて
遊んだりおもちゃを見ていたていただきたいと思っておりますので、
本日はわざわざ足を運んでいただきましてありがとうございました。」

この言葉を聞いて、二度とこの店に行くもんかと思う人は
いるんでしょうか。

これからおもちゃはこのお店で買いたいなと思った私でした。

こんなEQの高い店員さんと出会えて良かったです。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年4月22日 (土)

上映会大成功!!!

上映会大成功!!!

司会というカタチでお手伝いさせていただいた上映会。
この自主上映会が始まって約2年半経過するんだそうで
すが、今回の我がみのりの会主催の上映会は、なんと
動員人数新記録達成でした~。

私はチケット販売ではお役にたてませんでしたが、
おかげさまで、司会進行のお役目は無事に?果たすこと
が出来たかなと思います。

とはいえ皆様は甘い評価をしてくださってるとは思います。
自己採点は70点~80点です。

私だけ地震かな?と思うほど足が小刻みに震えてしまいました~。
他者評価いわく、「元気が良くて場を盛り上げてたしすごく
良かった」そうなんです。

自己評価はちょっと落ち込み気味なんですけどね☆

映画上映に関してはおおいに書きたいこと、てんこ盛りなんですが
、別の先に解決すべき課題があるので、またのちほど・・・♪

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年4月21日 (金)

心の準備

今日は、会社に外出届けを出して、映画の上映会の会場となる
大ホールを下見に行ってきました。

1600人(大ホール(1580席、車いす4席)入る会場で
、写真で見るよりもはるかに広くてちょっとびびってしまいました。Yousu

参加者は約500人強なので、約3分の1は埋まるんだ~。

別に当日早めに行くので、わざわざ平日に仕事抜けてまで見に行く必要はないと思われるかもしれません。

だけど、私にとってはとっても大事な「心」の準備なんです!

何事も準備が何よりも大切だといいますが、心理状態の準備が
イッチバン大事なような気がするんですが、違うかなあ。

とにもかくにも、今は早く寝て睡眠をとりコンディションを整える
ことが大事だと思うので、もう寝ま~す☆☆☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月20日 (木)

試されてるなあ。

今夜は映画上映会の最終ミーティング。

なのに・・・
ああなのに!

なぜ今夜こんなことが起きるの?!
私、こんな気持ちでミーティング行けるの?
司会のリハ出来るの?
ミーティングに行けなくなったってメールをしようか・・・
と思ったその瞬間。

阪本さんが電話を下さった。
ついさっき「相談したいことあるんです」って留守電
メッセ入れてたからだ。

動揺して冷静さを失いかけてたけど、
優先順位が明確になった。

睡眠時間2時間の睡魔も振り切って外出した。

結果としてはやはりミーティングに参加して正解だった。
司会って、うまく喋るとかよりも、イベント全体の
流れをじゅうぶん把握しておくことが大切なので・・・。

ほぼ徹夜でレジュメ作ったけど、色々と変更もあり、
やはりかなりアドリブが要りそう。

今日起こった課題。
映画の上映会の司会。

区別して、こなそう。
映画の上映会に、今日私に起こったことは関係ないもんね。

言い訳しない、正当化しないって決めたとたんに、
なんか、試されるようなことが勃発しまくり。

映画上映会が終わったら、また大きな課題が待ってる。

正直、すっごく逃げたい!です。
だけど、逃げたら私の望むものは永遠に手に入らないことも
知っています。

だから、目の前の課題を受け入れて、その課題を乗り越えた後の
ちょっとほめてあげたい私がいることに、興味と関心を移します。

とにかく今は!

500人参加の映画上映会が超楽しみです!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月19日 (水)

胎児の不思議なチカラ

今朝の会社でのこと。
いつもは全く目もくれない、総務課宛のとある企業からの
日報FAXの一枚。

商品先物取引の勧誘を目的とした無料サービスですと書いてました。

本当になぜか今日だけはふとどんなことが書いてあるのか
気になって目をやると・・・。

シンガポール国立大学の研究報告。

胎児の細胞が母親の脳内に入り込むという記事でした

マウスの実験で、妊娠した母親の脳細胞を薬品で傷つけると
、その傷ついた部分ほど胎児の細胞が多く集まり、母の傷を
子の細胞が修復しようとしていたと!

ニューイングランド長寿研究所によると、40歳以上で
妊娠したことのある女性の方が、100歳まで生きる可能性
が高いと言われているとのことです。

何気なく初めて読んだらこんな内容で、朝、私は複合FAK機の
前でしばし感動にふるえてしまいました。

そういえば・・・

双子でアトピーを患っていた私と姉。
私は出産し姉は出産していないが、なぜか私のアトピーは
出産後にかなり改善されてきています。

筑波大学のドクターである知人も、女性は一回の出産で
体内の毒素を何%か排出出来て、2回目以降の出産に
なるともっと排出出来ると言ってました。

究極のデトックスですね。

出産を経験されたことのない方は、激しい痛みという
イメージしかないかもですが、出産って、究極の
エクスタシー(Hな意味ちゃいますよ)も同時に存在するんですよね。

人生最大に脳内にβーエンドルフィン出まくりかもしれません。

人ごとではすまされない少子化問題。

こういう神秘的でかつ学術的な情報は、もっと広まって欲しいです。
私はとりあえずは一人は出産したので日本国繁栄のノルマ?を
少しはこなしました。

まだの方は、素晴らしいパートナーを見つけ、
子供を授かり生んでいただきたいと、切に思います。Photo_2

追伸

今日、最近知り合ってブログを読んで下さったある方からメールが。

お子さんいらっしゃるんですね・・・
それが一番ビックリしました。

という感想をいただいてしまいました。

複数の方に同じこと言われます。
子供が子供生んですいませんねえ~~~(^^)

| | コメント (2) | トラックバック (3)

2006年4月18日 (火)

400人!!!

開催まであと3日となった映画「天国はつくるもの107+1」の上映会。
なんと現在累計で400枚以上チケットが売れてると報告をもらいました。

素晴らしい~!

上映会はおろか、イベントごとの主催も何も全くやったことのない
(失礼ながら)素人ばかりの運営メンバーで、それほどの人数をつくりあげたことは、本当に素晴らしいと思います。

そうやって、実りの会の方々が、動いて動いてチケットを一枚一枚伝えて行ったのに、

私が司会していいんですか???

って思う。

こうなったら、300人も、400人も一緒だね・・。
緊張はするかな、あまりに非現実的でかえってしないかな。

トークライブもあるし、巨大書き下ろしショーとかもあるので、
かなりアドリブの必要とされる司会なんですよね~。

でも大丈夫!

司会の良し悪しよりも、映画に足を運んでいただいた方々への
感謝の気持ちがあれば大丈夫だし、何よりも映画そのものが助けてくれるはず。

司会を引き受けたのも、この映画を観て「挑戦すること」の
尊さや、勇気をもらったからだから。

何も意識しないでいると、日々、何も挑戦してない自分に
気づいて愕然とすることがあります。

挑戦することの尊さや、希望や、問題意識、色々と得るものの多い
映画です。

お近くの方は、ぜひ足をお運び下さい。

映画上映会
「107+1 ~天国はつくるもの~」
総指揮/監督 てんつくマン
製作協力 今日まで支えてくださったすべての皆さま

+ てんつくマン ミニトークライブ


■ 日時 平成18年4月22日 土曜日

■ 場所 大阪府豊中市立市民会館 大ホール 

■ スケジュール

開場 11:00 ~ 
映画上映 12:00 ~ 14:30
ミニトーク 14:45 ~ 15:30
終了   15:30


 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月17日 (月)

主体的に

息子の机に見慣れないおもちゃ・・・。
しかしお小遣いはあげた覚えはない!

「まさか・・・。」
いやな思いが頭をよぎる。

個々は絶対に感情的にならずに、冷静に息子を信頼して
問いかけた。

信頼して・・というのは、

正直に話してくれることを信頼して。

今までの私のパターンとしては、息子が正直に話しても
、事実が判明すると頭に血が上って感情的になって
怒鳴り散らして、結局息子に言いたいこと伝わらず、みたいな。

聞くとあっさりと、私の財布からお金をとっておもちゃを
買ったことを白状した。

すごくショックだった。
でも、罪を憎んで人を憎まず・・・。

ここで怒り狂ってしまっては意味がないぞ、と自分に
言い聞かせた。

「そのお金でおもちゃ買って、遊んでて本当に楽しいの?」

「うん、楽しい。」

手が出そうになるのをこらえた。
すると息子はこう言った。

「楽しいけど・・・、気持ちは良くなかった。」

そう思ってくれて良かった。
二度としないと約束を交わしたけど、
この後ってどうしたらいいんだろう。

ビシッとしかった方がいいんだろうか。

でももう感情的になるのはいやだった。
だってすごく疲れるもん。

それに、感情的になる「反応的」な人生に生産性なし~。
私は、反応的でなく主体的に生きるんだ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月16日 (日)

回復経過

smoothさん、具体的なアドバイスありがとうございます。

プロポリスって、なんだかすっぱそう~☆

のどは痛みはありますが
お昼に睡眠を取ったら出るようになってくれました。

昨日、あまりにも有名過ぎる著書
ナポレオン・ヒル博士の「思考は現実化する」を
初めて読みました。

・・といってもマンガ版ですが(ちょっと恥ずかしい)

マンガだと、息子も一緒に読めるし、負担なく読めるので
マンガ版が好きです。

この本を読んで、smoothさんがブログで紹介されていた
「物語力で人を動かす」を思い出しました。

実は、この本は、まだ目次に目通しただけで読んでないんですが・・・。

成功されてる方って、本当に物語のような逆境が多いんだなって実感。

昨日ブログに書いたNさんだって、販売実績においては、何度も
日本一になって表彰もされてるけど、勤めてる会社の内部で、
出る釘はおおいに打たれまくられたり、

健康面で重大な問題を抱えておられこともあった。

あまり私的なことは書けないけど、その他にも課題はたくさん
持っておられる。

ヒル博士は、逆境の中には必ず成功の種子があると書かれて
ましたが、この本を読んだだけでは単なる「本の中の遠い外国の人の
話」で、私は受け取ってしまったかましれない。

しかし、実際に身近にまさにそんな体験をされてる方がおられる。

これほど説得力のある教材はないなと思う。

ヒル博士の成功哲学プログラムは、目も眩むようなお値段で有名ですね。
実際にそのプログラムで成功された方もおられますでしょう。

私はお会いしたことありませんが・・・。

まあ、教材購入もいいけど、実のところ、そういった実体験を持って
おられる方々から実際に学ぶ方が、

潜在意識は、素直に自分に必要な知識を受け取るような気がします。

Nさんは、点滴を打たないといけないほど、体力が弱っていた時も、
人前に出ると、そんな雰囲気はみじんも感じさせず笑顔で接するん
だそうです。

これぞプロ根性!
プロ意識の高さ!

だから私は、そんなNさんに見習います。

声は出るようになりました。

朝、真っ赤だった顔は、少し半身浴をして、特別に
処方していただいている非ステロイドのお薬を塗布して
仮眠を取ることによってかなり回復しました。

自然治癒力が下がってる時には、お薬の力をかりて
上手に体調管理するのも、私には大事な仕事の一部です。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

ピ~ンチ!!!

朝の5時まで起きてたのがいけなかったのか・・・。
ささいなことで息子を大声で怒った天罰か・・・。

目が覚めたら声が出ない!
のどが焼けるように熱くて痛い!

まさか・・・
まさか・・・

  

風邪ひいたの、ワタシ?!

週末には司会任務が控えてるのに、何やってんのワタシ。
声だけでなくて鏡を見ると、顔にまたアレルギー症状が発症して
完璧な一重まぶたになり、目の周りは腫れ上がり別人だなこりゃ。

やばい、何とかしよう!

タレントとか舞台に穴あけられない人たちだけに
限らず、「体調管理」って社会人としては大事な仕事の
ひとつなんだと、つくづく実感。

最近夜更かししすぎたか。

幸いにも今日は日曜日。

今から気合いで?自然治癒力をフル発動して
一日で回復してみせるぞ~!

こうやって宣言するのって、体調回復になかなか
効果があるんで、お試しアレなのです。

顔の回復結果は写真で記録撮っておきます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年4月15日 (土)

名探偵コナン 探偵たちのレクイエム

名探偵コナン 探偵たちのレクイエム

本日公開!
息子ともども、だ~い好きな「名探偵コナン」のConan008
10周年記念作品となる映画を観て来ました~♪♪♪

10年も人気を継続してる秘密を探ってやろう!
・・・なんて意気込んでたのに、すっかり忘れて
鑑賞モードにはまってしまいました。

メッッチャ面白かったです!!!

ラストは怪盗キッドのあまりのカッコ良さにしびれて涙が出てしまった私はアホですか?

エンドロールが流れる間も涙が出てくるのですが・・・

映画の内容に涙が出たのではなくて

10年も継続されてきた作者やスタッフの方々の心情を
想像すると、感無量な気持ちになって涙が出て来ました。

何の努力もなしに10年もヒットし続けてるわけはなく、
目に見えないいろんな試行錯誤があるんだろうなって。

原作者の青山剛昌さんは、小学生コナンの声優役の
高山みなみさんとご結婚されたんですよね~。

10年のプロセスにはそんな新しいドラマの数々も
あるんだろうな。

帰り道、ツイツイ、のりでコナンのタイピングソフトを
購入してしまいました。609016_ll_1

息子が「欲しい~!」と言うので、
「しかたないなあ、買ってあげるわ」と言いましたが、内心、本当は私が欲しかった。

ローマ字の勉強にもなるし、これからの時代パソコンは絶対に必要だからいいよね~~~~♪

息子よ、がんばってローマ字覚えてよ☆

| | コメント (5) | トラックバック (8)

2006年4月14日 (金)

私が60歳になった時、どうなっていたい?

日本の平均寿命、女性85.3歳。
平均寿命まで生きるとしてまだ50年以上もある私の人生。

一つの区切りとして、定年に60歳がありますね。

つい最近身近な女性にその定年を迎えた女性がいます。

しかし、正確には昨年定年を迎えていたのを、会社が
気づかずそのまま一年間、定年にもならなかったんだそうです。

そのことが原因で、その方は大きな課題を持つことにな
りましたが・・・。

私だったら耐えられないような試練を、笑顔で話されるんですよね。

きっと彼女は、どんなカタチにしろこの課題をチャンスに変え、
またさらに進化されるのではないだろうかと思うのです。

だってそうやって今までも数々の課題をクリアして、そのたびに
ステップアップされてきてますから。

自分のミッションを持ち、行き先を明確にし、常に向上心を
保ち続けている。

そんな60代の女性って、周囲に探しても、そうそういない。

身近にそんな女性が存在してくれていることが本当に嬉しい。

年齢を重ねても若々しく素敵に生きている女性は芸能人だけではありません。

自分がそんな生き方をするのだと決めれば、
そんな女性が身近に現れるのではないでしょうか。

まるで映画を見てるかのように、困難が訪れても、心配するよりも
今度はこの人はどんな風にクリアするんだろう???って

そんな風に思えるNさんが、私は大好きです♪

もう足音がはっきりと聞こえてる高齢化社会。

私は60代になったときに、Nさんのように輝き、周囲に良き
影響を与えられる女性であることを、コミットします。

060413_14380001_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月13日 (木)

贅沢なひととき

今日は、一度は絶対に見てみたい!と強く思い続けていた
世界遺産の奈良の吉野の桜を見て来ました~。

霧雨がまたロマンチックで、なんとも幻想的な雰囲気を
醸し出していて、とびきり素敵でした。

060413_14340001

平日ならではか、茶屋の窓際の目と鼻の先で桜を間近に愛でられる席にて昼食。

最高の席でした!

060413_16080001桜を満喫したあとは、大阪に移動して阪本さんの講座で

学習タイム。

講座終了後に、自分が企画に加わったイベントのインフォメーションを
急遽することになり、久~しぶりに人前に立ってプレゼンテーション。

何の準備もなかったので、ぶっつけ本番でプレゼンすることに・・・。

今日のあのプレゼンで果たして何人の参加申し込みが生まれるのか。
ああ、もっとプレゼンの勉強しとけば良かった~。

ひとつだけわかったのは、全く緊張はしなかったこと。
開き直ったら緊張しないのかな。

この調子で、22日の司会も緊張しない自分でいよう~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月12日 (水)

親友に彼女が出来た♪

2年ほど前に、カバラ数秘学のホームページを通して出会った
親友に、彼女が出来た♪

自分のことのように嬉しい。

親(おじいちゃん)孝行で
読書家で
ユーモアがあって
男気があって
正直で

なんで彼女出来ないのかなって思ってた。

ずっと仲良くいて欲しい。

彼がこんなメールをくれた。

まさみサンは、性格いいし、心も広いし。
見た目も優しそうだしすぐに彼が出来そうだと。

とてもありがた~いお言葉です。
ただ親友という存在は、とても甘い採点を
してくれるものでして。

この言葉を100%真に受けていてはきっといつまでも
独り者でいてしまうような気がします。

素直に、彼の言葉はとっても嬉しいですが、その言葉に
慢心しない自分でありたいと思います。

今は古い自分から、新たな自分への過渡期だと思ってます。

なので、パートナーがいないことは、それはそれで
必要な時期を過ごしているのだと思います。

離婚して早や5年。

一年以上一人なのは初めてで、
ぶっちゃけ、めっちゃパートナー欲しいです、今すぐ。

しかし、「本当に今一番欲しいものはパートナーか?」と
自問自答すると、明らかにNOです。

一番欲しいものは、感情や環境に犠牲にならない、
支配されない自分。

毅然と生きる自分。

自分の行き先をはっきり知っている自分。

答えは完全に明確ではないけれど、
それが明確になったとき、良き出会いが最適な
タイミングで来るような、そんな気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ただいまキャンペーン実施中♪

携帯電話紛失から早や4日経過。
とっても不便です。

プロ意識が大事などと書いておきながら
、大事な大事な携帯電話を紛失してしまうとは・・・。

旧機種にある程度のデータは残ってますが。
メモリーカードに大事な写真とか動画とかあるのに~。

か~、情けない!

よし!
またキャンペーンやるか。

「仕事道具管理強化キャンペーン」とでも銘打つかな。

何でキャンペーンかというとですね。

実は先日、マイコーチの阪本さんにこんなメールを送りました。

         事務的能力強化キャンペーン実施!

「キャンペーン」というと、企業などが用いるイメージが私には
あったのですが

もともとの言葉の意味合いとしては

ある目的のもとに組織的に人々に働きかける活動。宣伝・啓蒙活動。

大辞林より

「啓蒙」が

正しい知識を与え、合理的な考え方をするように教え導くこと

という意味だということも調べて初めて認識しました。

個人トレーニングを何月何日に受講して、どんなテーマで
学習したのかなど記録もなく、スケジュール管理が全くなってなく
、他にも金銭的なことに関しての管理がとくに苦手なことに
強く課題を感じていたので、

そこを解決に持って行くべく、いっそのこと楽しんで
取り組める方がいいと思いキャンペーンにしちゃいました。

強化キャンペーンなので、今までずっと億劫だった事務的な
処理に着手することが出来ました。

ある目的のもとに組織的に人々に働きかける活動

この人々っていうのが、私個人ってことになるわけですが。

事務的なことが苦手な私。
金銭管理が苦手な私。
話好きな私。
盛り上げ上手な私。

などなど、たった一人の私の中にも、たくさんの「人」が
いると思います。

でもこのたくさんの要素を持つ複数の「私」の「目的」は
一つです。

今を大切に、日々進化する自分でいたいという目的。

その目的に対して、いつまでたっても苦手をいいわけにしていた
のでは進化はないと思います。

苦手なことに時間をかけ過ぎる必要はないと思いますが、
苦手なことを得意な人に託していくスキルを身につけのための
知識も力も、今の私には備わってません。

今の私に出来ることは、苦手意識を解放してあげてそれを
楽しみながら解決していくことだと思うのです。

キャンペーンのおかげで、ずっと手つかずだった予定管理とか
自分の出納帳の記録とか着手出来ました。

やってみたら、けっこう早く終わってしまいました。
なんでもっと早くとりかからなかったのかな。

こうしてまた私の周りには「キャンペーン」のテプラが増えて行く☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

回復期

息子の熱はまる一日38度でしたが、嘔吐はなく
こんこんと一日眠り続けかなり回復してくれました。

息子の看病が出来ることが本当にありがたいって思いました。

自分の存在を必要としてくれる人がいるというのは
人を強くしてくれるものですね。

眠れなくて辛いのに、氷枕変えたり、夜中にコンビニ行ったり
とか出来てしまいます。

もう一日、学校を休ませないといけないかな~。

映画の上映日までは回復しておくれ、息子よ。
母を応援しておくれ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月11日 (火)

38度発熱で・・・

息子が発熱です。
新学期早々、早速の知恵熱?

めちゃ赤ちゃん返りモードで、20キロ以上
ある息子をかついで二階に上がるのは至難でした。

しかし母は強しで、なんとか二階に連れて行き
氷枕を引いて寝かせました。

さすがに2段ベッドの上には自分で上がってもらいましたが。

いつ起きてぐずるかわからないのですが、こんな時だから
こそ感じることを書きたいです。

病気は、必ず体からのサインだと思います。
発熱も、体が何かを熱によって出そうとしている。

だから冷やすことはしますが、無理に下げることは
あまりしないようにします。

しかしあまりに辛そうだし男の子はあまり高熱は
良くないと聞いたことがあり不安だったので
本人に熱冷ましを飲むかどうか聞きました。

「熱は出し切った方がいいけど、辛いなら飲む?」って。

そしたら「要らない」と言ったあと嘔吐したので
夜中でしたが雨の中コンビニに、熱冷ましの冷却シートと
清涼飲料水と、シャーベットを買いに走りました(自転車で)。

冷却シートを脇の下とおでこに貼ってあげると少し
楽になったみたいで、寝てくれました。

息子が病気になると、自分が病気になった時以上に
辛いし不安になります。

だけど母の私が不安がってるより、私があなたを守ってあげるから
絶対に大丈夫!と毅然としてるほうが子供は安心出来るみたいです。

こんな時、父親は精神的に母親をサポートしてくれたらいいと
思います。物理的にも可能な限りサポートしてあげて欲しいです。

私は自分がまいた種が原因で、その存在がいないので、
母親役と父親役、一人二役です。

自転車で雨の中だって買い物に行きます。

それはそれで嫌ではないけど、素直にこんな時に頼れる人が
いて欲しいなって思いました。

これは甘えなのかな。

まあ、恋人でないだけで精神的に支えてくれる親友が
たくさんいてくれるのが私の幸いです。

それでもやはり異性で特定の相手を欲するのは人間の
素直な本性なのかなと思います。

自分の弱い面も素直に認めてあげると、こんなに気持ちが
楽になるもんだなって、今回の息子の発熱で思いました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年4月10日 (月)

意識づける

昨日の朝、ブログに行動をコミットしたことで
ずっと億劫だった損害保険の請求の書類を書くこと
が出来ました。

司会のシナリオは手つかずになってしまいました。
これは、持ち越しです。

少し前のIKEさんのブログで「言葉を持ち歩く」という
記事がありました。

私も言葉を持ち歩く習慣があります。

今日は、パソコンに透明のテプラで文字を作り
貼り付けました。

「送信する前にパラダイムチェックを」
「プロ意識を持って」

自分のメールの文章を、すぐに送信しないで、
必ずパラダイムチェックを入念にしてから
送信する習慣をつけるために貼りました。

「プロ」は、今は、職業的には何のプロでもないのですが
気持ちはすでに「プロ」で・・といういことを動機づけるために
貼りました。

親の「プロ」。
物書きの「プロ」。
掃除の「プロ」。
感情運転の「プロ」などなど・・・

何でも「プロ」を意識することは私を良い
方向へと導いてくれるように思う。

プロは手は抜かない。
妥協しない。
ONとOFFの切り替えがうまい。

人間の「プロ」でありたい。
女性として「プロ」でありたい。

今日は目覚まし時計を3つ購入しました。
親の「プロ」として、息子よりも遅く起きてしまう
ことが多い最近、これはいかん!・・・
ということで、思い切って3つ購入しました。

ピンクと黄色とブルーの目覚まし時計。
それぞれ異なる音で、私を惰性の世界からも
目を覚まさしてくれそうです。

時計にも貼りましたよ~。

「時は金なり」ではなくて
「時は生命なり」

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年4月 9日 (日)

縄跳びの・・・・

ボクシングで体を鍛えてる友人の言葉。

「縄跳び3分出来たらたいしたもんだよ」

息子に計ってもらい超久しぶりに縄跳びを握った。

いくら何でも3分くらいは出来るだろうと思っていた。
思っていたのに・・・

1分2秒。

これが今の私の最高持続タイムです。
たったの1分2秒で息は絶え絶え、ショックでした。

頭を鍛えることばかりに気持ちがいっていて
体を鍛えることを、おろそかにしていたことを痛感!

明日から、まずは3分を目標に、縄跳びだ~~~!

頭も体も鍛えるゾ☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プチ達成感

約半年ぶりに行きつけの美容院で髪をカットしてもらいました。

ちょっと家から遠いけどカットしてもらうならこの人!
って決まってる人がいて、他の美容院に浮気する気が起きず、
気づいたら半年もカットしていませんでした。

私の髪のクセだけでなく、面倒臭がりな性格もよく
把握してくれていて、手入れが楽でなおかつ可愛く
カットしてくれます。

しかもトークもすっごい上手で面白くて、70人のスタッフを
抱えるオーナーでもあります。

密かに憧れ尊敬してる人の一人です。

髪を切るとすごく気持ちが新鮮になります。
司会するのに気合い入れる気持ちも込めて
カットしました。

それでも緊張はすると思いますが・・・。

当日は息子も来るので、いっちょ息子に、母のワタシは
こんな風に顔晴ってるんだよって「挑戦」する姿を見せるチャンスです。

髪をカットしてもらった後は、これまた半年ご無沙汰
だった化粧品をひとそろい購入しました。

なくなってたのに、ずっとそのままにしていました。

アニータ・ロディック創業の「ザ・ボディ・ショップ」で
購入したかったので、そこで購入できて嬉しかったです。

店員さんとも
「アニータ・ロディックさんの生き方って素敵ですよね」
って、話が盛り上がってしまいました。

つい一週間前まではアレルギー症状が出て顔がパンパンで
「お酒飲んでるの?」と言われてしまうぐらい真っ赤な顔を
してましたが、自然治癒力とはたいしたもので、直って
しまいました。

岩盤浴で汗をたくさん流したのが良かったんだと思います。

*汗を出して自然治癒力を高める。
*髪を切る。
*必要なものを購入する。
*部屋を掃除する。

小さなことでも「達成感」を味わうと、次のステップに
進みやすくなりますね。

今日は・・・。
損害保険の請求作業と(すっごい億劫なんです)、

司会のシナリオと(これは楽しみ)
あるイベントごとの告知とお誘い大作戦を打ち立てます。

朝にコミットしたら、夜にどれぐらい達成できてるのか
楽しみで~す♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月 8日 (土)

想像しただけで・・・

ワクワクと、不安と・・・
二つの気持ちがシーソーみたいに行ったり来たり。

「天国はつくるもの101+7」の上映会&トークライブの
司会をするかも・・・から

司会をすることに決まりました。

今まで、小さいセミナーや講演会などの司会は経験あります。
緊張するけど楽しかったです。

今回のは規模が大きいです☆

現在、270名ほど参加者が決まっており、映画監督を
お招きしてのトークライブや、巨大書き下ろしなども
あるんですよね。

大きい会場で約300人の前の司会?

「ダイジョウブカ、ワタシ???」

これ書いてる間も想像したら緊張してきたよ~!

でもでも、やりきった後の自分も想像してみる。

とちったりもするかもしれないけど・・・

この映画のメッセージは何?

「動けば変わる」
「出来ないなんてことはない」

だよね。

それを実践して、友人を巻き込んで、
司会も引き受けて、「挑戦」することにしたんだよね。

しかも上映会以外のイベントごとも抱えながら、
息子の諸問題も抱えながら
それでも挑戦した自分がそこには必ず存在する。

手は抜かない。
やれるだけのことは精一杯やる。

きっと一つのことを終えた安堵感と、
達成感もそこには存在してくれている。

不安な気持ちよりも、そっちに興味を持つんだ~。

まさみ顔晴れ~!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年4月 7日 (金)

デザインするということ その2

【デザイン】~design~

1 建築・工業製品・服飾・商業美術などの分野で、
実用面などを考慮して造形作品を意匠すること。
「都市を―する」「制服を―する」「インテリア―」

2 図案や模様を考案すること。
また、そのもの。「家具に―を施す」
「商標を―する」

3 目的をもって具体的に立案・設計すること。
「快適な生活を―する」

yahoo!辞書より抜粋

美大生だったときは、1と2の〝デザイン〟を学んでいましたが、
今は、3です!

美大でデザインを専攻していた時にすら、
デザインにこのような意味があると知らずに学んでました。

ピークパフォーマンスナビゲーターの鮒谷周史さんは、
世の中の「不」をうめていくのがビジネスだと、
おっしゃってました。

鮒谷さんや、マイコーチ阪本さんは、ある意味デザイナーだと思います。
だって、具体的に立案・設計してるもの。

顧客のニーズを的確にキャッチして、
抽象ではない、具体的な立案をし設計し、必要とあらば
建設もサポートする。

目に見えるモノを創ることも確かに面白いですが、
目に見えないモノを創っていく面白さの世界を知って
しまった今は、もうその世界に夢中です。

目に見えるモノを創るデザインに不可欠なもの。
それは、先ほども述べたようにデッサンです。

基礎が大事ってことですよね☆
巨匠ピカソも、横顔なんだか前向いてるんだか
わかんない絵も描かれてますが、デッサンむちゃくちゃ
うまいんですよね。

うまいだなんて表現失礼ですが適切な表現が見つかりません。

じゃあ、目に見えないモノをデザインする場合の基礎は?

「・・・・・・・・。」

何だろう?
何になるのかな?

うわあ、私、基礎が何かもわからないで創ろうとしてたんだ。
しかも何を創りたいの?

「なんか面白いこと」

だから、その「何か」って何?

あなおそろしや。
何を創るかわからないまま創ろうとしてるんだ私。

そりゃ完成しないよね。

すぐには答えが見つかりそうにないですが、
その「何か」を明確にすることに、
明確に取り組みます!

smoothさんのコメントにあった、「7回繰り返す」って
ビビビって来ました☆

「考える」時間、創ります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 6日 (木)

デザインするということ

唐突ですが、ワタクシ、美大を卒業しています、実は。

デザインの勉強をしておりました。

「え?このブログのこのセンスで?」という声が聞こえて
きそうですが・・・。

美大の受験勉強は、ひたすらデッサンです。
来る日も来る日も、鉛筆でコップとか箱とか描いてました。

そして実技プラス面接もあり、面接で言った言葉を今でも
覚えています。

デザイン科を志望されたのはなぜですか?と問われて

「子どもの頃から、リカちゃん人形の家具などを自分で
作ったりするのが好きで、モノを作ることをもっと勉強
したいと思いました。」

みたいな事を言いました。

かくして無事に入学を果たし卒業し、大手家電会社の
販売促進課に入社し、チラシヤPOPを作成したり、
店頭ディスプレイなどを少々手がけましたが・・・。

それはもう10年以上も前の話。

今は全く当時は予想だにしなかった畑違いの人生を歩いてます。

しかし、デザインという言葉の持つ意味を探ると、あながち
そうでもないなと思うようになりました。

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 5日 (水)

鍛えてくれてありがとう・・かな。

「どうしてお母さんはお父さんと別れたの?」
「どうして僕はお母さんと苗字が違うの?」
「どうしておばあちゃんと仲良くしないの?」
「どうして僕のおうちはお金持ちじゃないの?」
「どうして人を殺してはいけないの?」
「どうして殺しちゃうの?」
「どうして僕は何も悪いことしてないのにクラスの
女子にきしょい(気持ち悪いという意味です)って
言われるの?」
「どうしてお母さんはお方付けが下手なの?」
「どうしてお母さんはすぐに怒るの?」などなど・・・

日々繰り返される「どうして」攻撃。

この「どうして」に、子どもが納得出来る回答を
出すのははっきりいって本当に大変です。

「んなもん嫌いになったから別れたんやんか」
では、子どもは納得してくれません。

他の質問も同様です。

人を殺してはいけない。

こんなシンプルでかつ人間としての大切な道徳観を
子どもが理解するまで根気良く伝え続けられる大人は
いったいどのくらいいるんだろうか。

「人を殺したら警察に捕まるから」
「あかんもんやあかんのや」

こんな言葉でごまかしてしまってるのかもしれません。

連日ニュースで9歳の男の子を投げ飛ばして死なせた
男性のことが報道されてますが・・・。

同じ9歳の息子を持つ母親としてはいたたまれないです。

命の大切さとか、人として大切なこと
学校では教えてくれないことを、生き方そのもので表現出来る
ような自分でありたい。

人を批判したり、批評したり裁いたり見下したり尊重しないって
ことは、警察には捕まらないけど、とても罪深いということ。

それでも罪を問わない自分でいること。

自分がその法則を実践せずして子どもたちに伝えられない。

ともすると心理学や様々な分野で継続的に学習していると、
学習していない人を下に見てしまう自分がいるのではないか。

そんな自分に気づいたときは、身震いがしてしまうほど、
自分に怒りがこみあげてくる。

自分が何様のつもりだと。

日々の子どもからの「どうして?」に対して、
真剣に応えようと努力することは、私の思考力をおおいに
鍛えてくれているように思います。

お願いだからそんなこと聞かないでよ~みたいな質問も
多々ありますが、ごまかさないで、噛み砕いて伝えてあげられる
表現力を身につけていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 4日 (火)

「なぜ?」その答えを明確に。

子供たちには見てもらいたいです。

本音としては。

ただし、子供は純粋ですから、純粋に質問してきますよね。

「どうしてゴミが増えてるの?」
「どうして簡単に動物たちを殺すの?」
「どうして戦争するの?」
「どうして大人は自分のことが好きじゃない人がいるの?」

この映画を見た子供たちはきっと
こんな疑問を抱くと思います。

「動けば変わる」

「出来ないことはない、あきらめなければ、出来る」

そんなメッセージがこの映画にはありますが、
もしも子供たちの周りの大人が
これらの質問にちゃんと答えてくれなかったり、

あるいは、いろいろな理由をつくって
何かをあきらめてしまってる大人たちや、

自分のことを好きでない大人たちがいたら、
子供たちはどんなふうに感じてしまうと思うか
考えてみたことってありますか?

ましてやこの映画をすすめた大人が、
もしもそうだったら・・・。

「大人はうそつきだ」って思われてしまうかもしれません。

だからこそ、大人である我々は、
「なぜ」この映画を見てもらいたいと思ったのかを、
自分のなかで明確にしておく必要があるのではないかと私は思います。

自分の中の「なぜ?」に答えられずして、
子供たちからの「なぜ?」に答えられないと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こう意見したからには、私の中の「なぜ」を明確にするのが
筋だと思った。

明日は私のなかの「なぜ」を明確にします。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年4月 3日 (月)

「天国はつくるもの101+7」は小学生にどうか?

「天国はつくるもの101+7」は小学生にどうか?

映画上映の運営メンバーからMLにこんな質問があった。

以下私の返信に少々加筆しました。

小学校4年生に進学を控えた息子を持つ母親としての
率直な所感をお伝えします。

正直、私の息子は一緒に見てくれませんでした。

家ではおもちゃなどほかの誘惑があるので、
腰をすえて「映画を観る」という環境に身をおけば、
子供でも見るのは見ると思います。

主観ではなく、客観的な見解としては、
今の子供たちは、効果音バリバリ、音楽ノリノリの
アニメやフィクション映画などに慣れすぎてしまっているため、
淡々とてんつくマンが語り真実を伝えて行く映画は
単調に思えてしまうのはやむをえないことだと思います。

そういった意味ではこの映画は、
大人でも、最初は少々退屈気味かもしれません。

どんどんエキサイティングな展開になっていきますけどね。

そして、ボクシングのボディブローのようにあとから
きいてくるのがこの映画の良さだと思います。

そして、運営側の意見としては、
子供たちが映画に集中しなかった場合、
映画をちゃんと見たい人に迷惑がかかってしまう恐れも否めません。

静かに出来ない場合は退室してもらったほうがよいと思います。

ここからは、主観的意見です。

                      つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 2日 (日)

9歳、仕事初体験!

今日は待ちに待った、撮影の日でした♪

友達がベルメゾンカタログのディレクターをしているので
通常はモデル事務所とかに所属してる子供のモデルを
使うんだそうですが、うちの息子はスラリとして
足も長いからということでモデルに使ってくれたんだそうです。

息子よ、体型が私に似なくて良かったね。

モデルと言っても顔は出ないし、ワンカットのみです。
それでも、私たち親子にとっては
なかなか出来ない経験をさせていただきました。

しかし驚いたのはそのギャランティです。

なんと!

いくらだったと思いますか?
撮影スタジオに足を運んで服を着替えて、
椅子に座ってテレビゲームのコントローラー持って
じっとしてただけなんですが・・・。
時間にしてほんの5分もかかってないです。

私は腰を抜かしそうになりましたよ、マジで。

教育上息子には本当の額を伏せて10分の1の額を
伝えました。

でもその10分の1の金額ですら、コンビニで1時間
アルバイトしてもいただけない額なんですよね。

息子は、初仕事のお給料?で、欲しかった
バトルビーダマンのおもちゃを購入しました。

将来的にも、今日のように単価パフォーマンスの高い
仕事が出来る子になって欲しいと思ったのは、
親の欲でしょうか。

いい意味でお金の価値観に刺激を受けました。

8月頃には、こんな写真が掲載されます、小さ~い
カットで、でも、楽しみです♪

060402_0955002

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年4月 1日 (土)

オトコ同士で結婚?!

息子には大好きで大好きで大好きでしかたない友達がいる。
そのくせしてすぐケンカして先生たちを困らせている。

それでもよほどその親友が好きなようで、なんと将来結婚
したいとまで言い出す。

「イギリスは男同士でも結婚出来るけど日本は出来ないよ」と
言うと、納得してあきらめるかと思いきや・・・

「じゃあ僕大人になったらイギリスに行って○○と結婚
する!!!」と大真面目な顔で言う。

出来ないならば、すぐにあきらめるのではなくて、
出来る環境に身を置き換える発想が育って
くれていて、母はとっても嬉しいわ。

嬉しいけど・・・
でも・・・・
でも・・・
やっぱり・・・

出来たら、女の人と結婚して孫を抱かせて欲しい☆

しかし、事実イギリスでは男性同士の結婚が認められて
確か、有名なアーチストが結婚カップル第一号だった。

彼らの母親や父親はその事実をどう受け止められたのかなって
思った。

もしも自分の子どもに自分の子どもの「あるべき姿」を
押し付ける価値観の親ならば、とても受け入れられない
現実であると思う。

万が一にも息子が本当にオトコと結婚したいと言ったら、
納得するまでとことん会話を交わしたうえで、私は認めて
あげられる親でいたいと思う。

だって、親に認めてもらえないことで生まれる感情を
知っているから。

でもその感情に支配されない方法も今、学んでいるのかな。
少しずつ、支配されなくなってきているように思います。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »