« ホスピリタリティ | トップページ | 初めて母の日にプレゼントを・・・ »

2006年5月14日 (日)

またまたシンクロニシティ

12日に書いた子雀の記事。

マイコーチ阪本さんからある報告が来ました。

子雀の記事、今日の近鉄の講座で 一応、名前を伏せて
最後に紹介させてもらいました。 

なぜなら、
今日のテーマと あまりにぴったしの内容だったんです。 

朝、読んで びっくり、思わずテキストの最後のページに
入れ、講座の最後に朗読をしたところ・・・。

Nさんをはじめ、何人かの受講者さんが 最後の息子さんが
裸足で手を合わせるところは ポロッとしたそうです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ええっ????
あの記事で???涙???

ビックリしたのは私のほうです。
先日のお寺のDVDにしろ、何にしろ、
いつどんな時に何が役に立つかわからないものですね。

不治の病に冒されながらも、いつも人の役にたっている
女性も世の中には存在します。

まずは、貢献出来る自分になる

とコミットすることから始めたらいいのかな
って思いました。

これなら今すぐ誰でも出来るから。

|

« ホスピリタリティ | トップページ | 初めて母の日にプレゼントを・・・ »

コメント

後日談がありまして。

息子は自分が掘った深さでは足りないと思い、
次の日に、おじいちゃんの業務用の大きなスコップで
もっともっと深い穴を掘ったんだそうです。
(まだ見てません)

自分が掘った深さでは、「ごめんなさい」の
気持ちは足らないと思ったんだそうです。

途中で終わらせてるのは、いただけませんが
気持ちは認めてあげたいなと思いました。

投稿: まさみ | 2006年5月14日 (日) 20時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38508/1792174

この記事へのトラックバック一覧です: またまたシンクロニシティ:

« ホスピリタリティ | トップページ | 初めて母の日にプレゼントを・・・ »