« トラックバック | トップページ | えんぴつの醍醐味 »

2006年5月10日 (水)

えんぴつで奥の細道

私は台所で洗い物するときに、小型TVをつけるクセがあります。
結構そのタイミングを楽しむのが好きだったりします。

何のタイミングかというと、TV欄を見てTVを見てるワケでないのに
「お~」とうなりたくなるような内容の時、嬉しくなってしまうのです。

昨日、ある情報番組で「えんぴつで奥の細道」という本が、
異例のベストセラーであるということを、初めて知りました。459109089201_sclzzzzzzz_









書道家の方が、美しい手書きで描いた「奥の細道」の文字の
ページの上に薄紙があり、上から鉛筆でなぞり書きするという
本で、年齢を問わず売れているとのこと。

コピーライター志望の20歳の男性。

「その瞬間、感じた自然の美しさなどを5.7.5.7.7
の文字で構成するというのが、短い文章でメッセージを伝える
現在のコピーライティングに通じるものを感じる。

パソコンもテレビも音楽も全部消して、えんぴつで文字を
なぞってるとすごく気持ちが落ち着くんです。」。

彼のこのコメントを聞いて非常に共感。

というのも私はむか~し、書道にはまっていた時がありまして
心落ち着かせて文字を書いている時ってすごく気持ちが
落ち着くんです。

作品を書き上げた時の達成感も至福の喜びです。

だけど書道って、墨汁に硯に筆にと汚れ防止の新聞紙とか・・・。
けっこう準備も後片付けも大変だったりします。

なかなか上達しないと楽しくないし。

しかしそんな難点をクリアし、鉛筆でなぞるだけでその

「気持ちの安らぎ」
「落ち着き」
「美しい文字を書く喜び」
「達成感」
「日本文学に触れる知的好奇心」

などなど多くの便益を得られるこの本は、なるほど
売れているというのも納得してしまいました。

字があまり上手でない方は、かなり改善される効果もあるようです。

残念ながら、文字が改善される効果は自分では体験出来ないので
誰かこの本買って書き続けて改善されたらぜひ報告して欲しいな
なんて、思います♪

文字の美しい男性って、何げに超かっこよくないですか?
文字の美しい男性に憧れます。

                                  つづく

|

« トラックバック | トップページ | えんぴつの醍醐味 »

コメント

>文字の美しい男性って、何げに超かっこよくないですか?

ダ・ヴィンチ・コードばりの解読不能ぶりの字を書くオトコですが・・・。

_| ̄|○ ガックシ

投稿: smooth@マインドマップでビジネス書評 | 2006年5月11日 (木) 01時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38508/1744075

この記事へのトラックバック一覧です: えんぴつで奥の細道:

« トラックバック | トップページ | えんぴつの醍醐味 »